マタニティ歯科は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/妊婦さん対応の大阪市中央区大手前の歯科医院(歯医者)/谷町四丁目からもすぐ

  • トップページ
  • リンク
ネット診療予約
マタニティ歯科
トップページ > 診療科目案内 > マタニティ歯科
マタニティ歯科について
マタニティ歯科大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、妊婦の方への歯科治療=マタニティ歯科にも対応しております。当院のマタニティ歯科では、妊婦や授乳中の方、お腹の中のお子様も対象になります。
お子様は「マイナス1歳(=妊婦中)」から虫歯予防することができます。

妊娠中や産後、赤ちゃんの予防歯科などについて当院では、歯科の観点からサポートさせて頂きますので、妊婦さん・赤ちゃんがおられる親御さんは、是非、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科のマタニティ歯科を受診下さい。
尚、当院の院長は、日本小児歯科学会所属の歯科医師です。


妊娠中の虫歯や歯周病について
妊娠中でも虫歯や歯周病の治療は可能です。
赤ちゃんの為にも、お母さんのお口の中を清潔にしておくことが最も大切です。

なぜらな、「歯のもと」はお母さんのお腹の中でできています。
赤ちゃんはお母さんのおなかに宿ったその時から、ものすごいスピードで成長を始めています。

歯についていえば、赤ちゃんの「歯のもと」である歯胚(しはい)が作られ始めるのは、お母さんの体内にいる時、およそ妊娠6〜7週頃といわれています。
  1. 胎生4ヶ月頃(組織・形態分化期)
    マタニティ歯科歯胚の外側を包むように、「エナメル質」という歯の一番外側になる部分と、その内側の部分「象牙質」が作られます。
  2. 胎生7ヶ月(石灰化期)
    歯の根元となる歯根(しこん)その内側に神経となる歯髄(しずい)歯を支える歯槽骨(しそうこつ)といった歯の土台となる組織が作られます。
  3. 生後6〜8ヶ月(萌出期)
    個人差はありますが、生後6〜7ヶ月頃から歯が生え始めます。この後、3歳頃には全ての乳歯が生え揃います
先にも述べましたが、「お母さんのお口の中を清潔にしておくこと」が最も重要です。
しかし、妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりも虫歯や歯周病になりやすいのです。なぜなら、以下のような理由が挙げられます。
  • つわりによって奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが多くなる
  • 少しずつ何度も食事をするため、口の中で酸性の状態が長く続き、虫歯ができやすくなる
  • 女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、妊娠性歯周炎を引き起こす
  • 唾液の性質が変化して、口の中がネバネバになり、細菌が活動しやすくなる

歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています。

マタニティ歯科妊娠中でも虫歯や歯周病の治療は可能ですので、歯科医師による妊娠中のお口の健康チェックと、歯のクリーニングを受けて頂き、お母さんのお口の中を清潔にして健康な赤ちゃんの歯を育んで下さい。

また、お母さんの食事が赤ちゃんの健康な歯を育てます。
赤ちゃんの歯を作るために特に必要な栄養素として挙げられるのが、カルシウムやリンなどのミネラル分。胎盤が完成し、胎児と母体が臍帯でつながるようになる4〜5カ月ごろに胎児の歯の発育はどんどん進んでゆきます。この時期にお母さんの栄養状態が悪いと、赤ちゃんの歯が弱くなったり虫歯ができやすくなると考えられます。特にカルシウムは歯の石灰化を助け、健康で丈夫な強い歯をつくります。

谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、妊婦の方への歯科治療=マタニティ歯科での虫歯治療や歯周病治療はもちろんのこと、歯科の観点から健康な赤ちゃんの歯守る為のサポートをさせて頂きます。
また、当院の院長は、日本小児歯科学会所属の歯科医師です。 ご来院時にお気軽にご相談下さい。

また、薬や麻酔等を必要とする治療は、妊娠4ヶ月〜7ヶ月以内の期間であれば安全に治療をお受け頂けます。

マタニティ歯科は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/マタニティ歯科対応 谷町四丁目駅すぐ


母子感染について
お母さんの虫歯菌が子どもに感染する母子感染が問題になっています。
特に授乳時期はお子さまの将来のお口の健康にとって、とても大切な時期なので注意が必要です。

母子感染は、口移しでモノを食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、乳幼児へ虫歯菌が移ってしまうことがあり、ミュータンス菌などの細菌が増えてお口の中の病気の原因となる事がある為、虫歯の多いお母さんの子どもは、早くから虫歯になる危険性が高いと言われています。

また、乳歯の奥歯が生えてくる生後1才半から3才が最も母子感染しやすい特に危険な時期で、「感染の窓」と言います。この時期は、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまの虫歯予防につながります。マタニティ歯科
母子感染を極力防ぐためには、まずお母さんのお口の健康や予防が大切です。
それが、お子さんの虫歯予防に繋がるので、お母さんに虫歯や歯周病がある場合は、しっかり治療をしましょう。 お母さんのお口をきれいにするとお子さんも虫歯ができにくくなります。

下の左のグラフは、お母さんのお口の中のバイ菌の数とその子どもたちの虫歯になる割合を示しています。お母さんのお口にバイ菌が多いと子どもも虫歯になる可能性が高くなるのがわかります。
また、下の右のグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしてもらった母親としなかった母親で子どもの虫歯のでき方の違いを表したものです。マタニティ歯科
上の図からもお子さんの虫歯予防には、お母さんのお口の健康が大切であることをご理解頂けると思います。当院の院長は、日本小児歯科学会所属の歯科医師です。当院にご来院頂ければ、お母さんのお口の健康状態について検査させて頂き、虫歯予防等のアドバイスをさせて頂きますので、マタニティ歯科については、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へお気軽にご来院下さい。

マタニティ歯科は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/マタニティ歯科対応 谷町四丁目駅すぐ


母子感染を予防するための口腔ケアについて
一緒に生活する上で、虫歯菌の感染を完全に防止することは難しいですが、まずは赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちが、お口の中を清潔に保ち、虫歯菌を減らすことからはじめることが先決です。
その中でも、お母さんのお口の健康が何よりも大切です。

最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子さまへの虫歯予防をスタートさせることです。先にも述べましたがお子さまへの感染の時期が遅いほど、お子さまの虫歯予防に繋がります。

当院では、母子感染を予防するための口腔ケアとして、以下のような事を実施しております。

歯科医院で歯のクリーニング PMTC
PMTCとは専用の機械を使用し、歯ブラシでは簡単に落とすことのできないバイ菌の集合体(バイオフィルム)を徹底的に取り除くお口のクリーニングです。3〜4ヶ月に1度に行うことで、非常に効果的に虫歯や歯周病を予防することができます。
歯科医院で歯のクリーニング PMTC

食後のキシリトール

キシリトールにはミュータンス菌の活動を弱め、感染を防いだり、歯垢をはがれやすくするなどの効果があります。
食後のキシリトールフッ素の利用
フッ素の利用フッ素には歯の結晶の構成(歯質)を強くしたり、虫歯の原因菌の活動を抑える効果があります。


生まれてくる赤ちゃんの虫歯予防の為に、そして母子感染を防ぐ為にも、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科で、お口の健康チェックと歯のクリーニングを定期的にお受け下さい。
マタニティ歯科

無料カウンセリング実施中!

大阪市中央区天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科/無痛治療・インプラント・ホワイトニングなど

ネット診療予約
天満橋・谷町四丁目 セラミック治療

天満橋・谷町四丁目 マウスピース矯正インビザライン

天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)
大阪天満橋Y&Y歯科(大阪市中央区)

  • 無痛治療
  • 歯周内科治療
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • 往診・訪問診療
  • ブライダルデンタルメニュー
sp