インプラント治療は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/インプラント治療対応の大阪市中央区大手前の歯科医院(歯医者)/谷町四丁目からもすぐ

  • トップページ
  • リンク
ネット診療予約
インプラント
トップページ > 診療科目案内 > インプラント
インプラントについて
インプラントインプラントは、50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。歯が無くなってしまった部分の骨にチタン製の歯根を植立する手術を行い、冠を被せて歯を作ったり、半固定の義歯を作ったりする方法です。

インプラントには、医学用語で「植立する」という意味があります。失われた歯の場所に、歯根の代わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法をインプラント治療といいます。

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。

基本的にはインプラントは、歯が欠損しているどなたにでも適応できます。
永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは「入れ歯」などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。「入れ歯」の場合、硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合がありますが、インプラントではそれらの悩みを解消できます。

インプラントまた、下記のことでお悩みの方に、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では「インプラント治療」をお勧めいたしております。

  • ブリッジで健康な歯を削るのは少し…と思われる方。
  • 入れ歯に抵抗感のある方(いればの針金が気になる方)。
  • 生まれつき歯が足りない方。
  • 病気や事故、何かのアクシデントで、歯を無くされた方。

尚、顎の骨が痩せて細くなってしまった方や上顎洞が大きい方にはGBRやソケットリフトなどといった、特殊な付帯手術が必要になる場合があります。大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、骨造成にも対応しておりますので、安心して、インプラント治療をお受け頂くことが可能です。

ただし、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いと思われます。
  • 高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方。
  • 心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方。
  • 血液疾患のある方。(血友病等)
  • その他、いろいろな理由で、医師が小手術には耐えられないと診断された方。

インプラントは大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/インプラント治療対応の歯科医院


インプラントと他の治療法との比較
インプラントと他の治療法との比較

インプラントは大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/インプラント治療対応の歯科医院


インプラント治療の流れ
歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント(人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つの部品で構成されています。インプラント治療は、歯茎を切り、あごの骨をさわる外科手術が必要です。この外科手術には、一回法と二回法があります。
一回法では、インプラントを埋め込み、アバットメントを連結するまでの外科手術を1回のみ行います。
インプラント治療の流れ
二回法では、外科手術を2回行います。1回目の手術で、インプラントをあごの骨に埋め込み、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が結合する(3から6ケ月)のを待ちます。2回目の手術で、アバットメントの連結を妨げるあごの骨を削り、アバットメントを連結します。これらの外科手術を経て、人工歯作製へ治療が進みます。二回法では、歯茎を閉じてあごの骨にインプラントがしっかり固定する期間を設けるので、あごの骨を増やす手術を併せて行う方や全身疾患をお持ちの方など、一回法では感染のリスクが高い方に適した方法です。
二回法の特徴
* ほとんどのケースに対応できる
* 感染のリスクが高い方に適している
* 2回の外科手術をおこなう
* 歯茎の切開を2回行うので、身体への負担がかかる
* 人工歯が入るまでの工程が複雑なので、費用が比較的高い
二回法の手術の流れ
STEP1.
インプラントの埋入手術
麻酔後、歯茎を切り開き、あごの骨に埋め込むインプラントと同じ長さ・太さの穴を、ドリルであけます。
インプラントを埋め込みます。インプラントの上部のネジ穴が、新しい骨や歯茎で塞がらないようにするため、インプラントにカバーを装着します。
歯茎からカバー部分が出ないように縫い合わせて、1回目の外科手術は終了です。
STEP2.
結合期間
(3ヶ月から6ヶ月)
手術後、埋め込んだインプラントが骨と結合するまで安静期間を置きます。骨の状態や治療部位によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月ほど待ちます。
STEP3 .
アバットメントの
連結手術
(2回目の外科手術)
麻酔後、歯茎を切り開き、カバー部分の上に新たに作られた骨を削り、インプラントからカバー部分を外します。

アバットメントを連結するために、インプラントの上部の不要な骨を削ります。

インプラントにアバットメント(または仮のアバットメント)を連結し、アバットメント上部は歯茎の上に出ている状態で、2回目の外科手術は終了です。
STEP4 .
人工歯の取り付け
噛み合わせをチェックしながら人工歯を取り付けます。
(仮のアバットメントの場合は交換し、アバットメントを取り付けてから人工歯を取り付けます。)
二回法のメリット・デメリット
<メリット>
  • どのようなケースにも対応できる。(あごの骨が痩せている方や審美性を求める方、全身疾患をお持ちの方など)
  • 歯茎を閉じてしっかりと骨とインプラントが結合する期間を待つため、感染をおこす可能性が低い
  • オーバーデンチャー(着脱式の総入れ歯を人工歯として使う方法)に対応できる

<デメリット>
  • 外科手術を2回行う必要があるため、身体への負担が大きい
  • 1ピースのインプラントよりも部品が多く、外科手術が2回必要なため、費用が高くなる
  • 人工歯が入るまでの工程が複雑なので、1ピースのインプラントよりも治療期間が長くなる
  • アバットメント装着後、インプラントとをつないでいるネジが緩む可能性がある
治療に関するデメリットに関しては、治療前にしっかりと治療計画を立案することや、治療後にお口の状態を定期的にチェックすることで回避できます。
また、お口と身体の状態によって一回法、二回法と治療方法を選択することも可能な場合がありますので、希望があればお気軽にご相談下さい。

インプラントは大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/インプラント治療対応の歯科医院


骨造成について
インプラント治療を考えていたのに、他院にて「骨が少ないからインプラントはできません・・・」といったようなことが原因でインプラント治療を断念された方も諦めないで下さい。

骨造成といった技術で、インプラント治療が可能になります。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、骨造成にも対応しておりますので、骨の量の関係で、インプラントを断念されていた方は、是非、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へご来院下さい。

下記に、各骨造成に関する項目を掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
GBR(Guided Bone Regeneration:骨誘導再生法)
GBRはGuided Bone Regenerationの略で日本語では骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす方法の一つです。インプラント治療には充分な骨幅が必要です。骨が少ない方の場合には骨を増やす必要性があります。GBRとは、インプラント治療において、十分な骨の量がない場合に用いられるテクニックの一つです。

例えば、インプラントを埋め込む際に、表側の骨の量が足りない場合、メンブレンと呼ばれる特殊な膜で、骨を作りたい場所を覆います。骨をつくる場所には、人工の骨補填剤を入れておきます。そこに、骨芽細胞は集まり、骨ができます。

基本的にはメンブレンと呼ばれる特殊な膜の設置が完了したら、歯肉を元に戻して骨の再生を待ちます。この期問、術部に必要以上の刺激を与えないようにします。

個人差や症例によって異なリますが、数ヶ月で骨が再生されます。骨が再生され、インプラントが生着すると、人工の歯(上部構造)を製作して装着します。必要な骨が再生されることで歯肉の形態も美しくなリます。

谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、GBRにも対応しております。インプラント治療をお考えの方は、是非当院へお越し下さい。
サイナスリフト法
インプラント治療を行うにあたり骨の幅や高さがない場合、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎においてはインプラントを行う上で、骨の高さが足りない場合が多くあります。

しかし、上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行いインプラント治療を可能にする方法があります。ここでは、そのサイナスリフト法について解説致します。
サイナスリフト法とは、上顎洞を挙げるという意味があります。

サイナスリフト法は、上顎にインプラント(人工歯根)を挿入するスペースを確保するため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す治療法です。

上顎の歯のすぐ上には上顎洞と呼ばれる空洞があり、その上顎洞までの骨が薄く上顎にインプラント(人工歯根)を埋入できない場合に行います。

サイナスリフト法には移植骨の生着を待って二次的にインプラント埋入を行う方法と骨移植と同時にフィクスチャーを埋入する方法とがあります。

骨移植と同時にインプラントを埋入する方法は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って患者の負担が少ないという 利点はありますが、インプラントの成功率は劣り、適切な方向へインプラントを埋入オペが難しくなります。

上記のことからサイナスリフトは「外科的侵襲が大きい。」・「治療期間が長い」ことが短所に挙げられますが、増骨が終了した後、インプラントを埋入する方法は高い成功率を得ることができます。

上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開し、骨窓を開け、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を拳上します。次に拳上して出来たスペースに移植材を入れます。移植材を入れた後、外側を粘膜で被い歯肉を縫合して最低6ヵ月間放置し、造骨を待ちます。

谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、サイナスリフトにも対応しておりますので、骨が少ないという理由でインプラントを断念された方も諦めず、まずは当院にてカウンセリングをお受け下さい。

ソケットリフト法
インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げるテクニックです。

ソケットリフト法は骨を増やす量に限界があるため、比較的ご自身の骨の量がある場合に用いられる手法です。

ソケットリフトは、上記のサイナスリフト(上顎洞拳上術)と呼ばれる手法のひとつで、上顎の骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して骨移植材を充填し、骨に厚みを加える技術です。

まず、上顎の骨にドリルを使って、孔を開けます。このドリルの先には上顎洞がありますが、貫通する直前でドリルをストップさせます。そこからハンマーで、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。

ソケットリフト法は、インプラント埋入するための穴から骨造成を行うため、サイナスリフト法に比べて外科的侵襲がはるかに少ないのが特徴です。

インプラントを埴立する位置に、まずドリルを使用し骨を約1mm残し、専用の器具(オステオトーム)で槌打し、骨を抜きます。 
そして、器具で骨を押し上げ粘膜を拳上し、骨移植材を填入し、インプラントを埋入して終了です。 谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、サイナスリフト・ソケットリフトどちらも対応しておりますので、骨が少ないという理由でインプラントを断念された方も諦めず、まずは当院にてカウンセリングをお受け下さい。

インプラントは大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/インプラント治療対応の歯科医院(歯医者)


インプラントQ&A
Q 誰でもできますか?
A 年齢の制限はありませんが、骨の成長が終了した20歳位から可能です。
ただし、高齢になりあごの骨が退縮した方や全身疾患のある方、妊娠中の方はインプラント治療ができない場合があります。
Q 痛みはありますか?
A 麻酔を行ってからインプラントを埋入しますので、痛みはほとんどありません。
ただし、麻酔がきれてから1〜2日は痛みや腫れが出る場合があります。
Q 治療期間はどのくらいかかりますか?
A インプラント埋入手術を行ってから、インプラントと骨がしっかりと結合するまでに2〜6ヶ月位かかります。さらに歯の部分を作るために1ヶ月前後かかります。
Q 保険でできますか?
A インプラント治療は現在のところ、保険ではできません。
治療費は埋入本数や歯の部分の材質により異なります。

無料カウンセリング実施中!

大阪市中央区天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科/無痛治療・インプラント・ホワイトニングなど

ネット診療予約
天満橋・谷町四丁目 セラミック治療

天満橋・谷町四丁目 マウスピース矯正インビザライン

天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)
大阪天満橋Y&Y歯科(大阪市中央区)

  • 無痛治療
  • 歯周内科治療
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • 往診・訪問診療
  • ブライダルデンタルメニュー
sp