虫歯治療・無痛治療・歯周内科・ドックスベスト法は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/無痛治療・歯周内科対応の大阪市中央区の歯科医院(歯医者)

  • トップページ
  • リンク
ネット診療予約
無痛治療・歯周内科治療
トップページ > 診療科目案内 > 無痛治療・歯周内科治療
無痛治療について
大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、患者の皆さまが、歯科治療に抵抗を感じないよう「痛くない治療=無痛治療」に取り組んでおります。

患者さんは必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。私自身幼い頃から歯科医院に行くことが嫌でした。だからこそ、少しでも不安を解消できるように、痛みの部分を少しでも無くせるように、以下のような取り組みを行っております。

無痛治療をご希望の方は、是非、下記の内容をご確認下さい。
針が無い注射器を導入
針が無い注射器を導入

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、針なし注射器で、簡単で信頼性の高い精密機器です。
短時間の施術ですむので、患者様には不快感と針への不安を感じさせずに治療を行えます。

歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用
表面麻酔

麻酔針が刺さる時のチクっとする痛みは、誰もが苦手だと思います。そこで、大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では「表面麻酔」と呼ばれる塗り薬を使って、 麻酔の注射針が刺さるときの痛みを抑えるようにしています。

電動注射器
電動注射器

麻酔液を一気に注入すると痛みを伴うことがありますが、電動麻酔注射器を利用すれば、一定の速度で麻酔液を注入することができるので痛みを減らすことが出来ます。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、ニシカ アネジェクトUという歯科用電動麻酔注射器を採用しております。

33Gの麻酔針
33Gの麻酔針

麻酔注射の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使うことも重要のため、大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では販売されているものの中で、1番細い細い針である「33G」の針を使用しています。一般的に使用されている30G、31Gよりも細い針をです。

カートリッジウォーマー(歯科用局所麻酔剤用の保温機)
カートリッジウォーマー

麻酔注射時の痛みの大きな原因の一つが麻酔液の温度です。
麻酔液を体温近くに温めることで疼痛の緩和になります。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、痛みが少ないとされる人肌にまで麻酔液を温めるためにこの機器を使い、体内に入れる際の刺激を軽減します。

無痛治療をご希望の方は、是非、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科にご来院下さい。患者様にとって、極力痛くない治療にて対応させて頂きます。
また、当院では、虫歯を薬で治療をするドックスベスト法(Doc's Best法)を導入しております。
詳細は、次の項目をご確認下さい。

ドックスベストセメント法は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/無痛治療対応の歯科医院


ドックスベストセメント(Doc's Best)法
歯はできるだけ神経を残した方が良いです。 ドックベスト法により神経を取るケースが今までの5分の1になりました。 虫歯の再感染もほとんどありません。治療法としては、虫歯をできるだけ削らず、お薬を詰めて、その後は上から詰め物や被せ物をするだけです。削らないので、麻酔する場合も少量で済みます。 大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、このドックスベスト法を取り入れております。

ドックスベストセメント(Doc's Best)は、アメリカ合衆国で公的機関の厳しい検査・許可を受け、商品化されております。お薬と言いましても、抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから造られた安全で人体に優しいお薬です。

ちなみに、アレルギー検査では、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーが無いというデータが出されています。子どもからお年寄りまで安心して使えるお薬です。

また、ドックスベストは、虫歯を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。
様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかくなった歯を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけでなく、再発を予防びてくれる優れたお薬なのです。
身体に害がなく、薬剤耐性菌を作る心配もなく、作用が弱くなることもありません。

ドックスベストセメント(Doc's Best)法ドックベスト法の具体的なメリットとしては、

*ほとんど削らない虫歯治療が可能になった 
*深い虫歯でも神経をとらなくていい 
*治療した歯が再度虫歯にならない(2次カリエスを生じない)
*根の治療した歯が再感染して膿むことがなくなる

そして、虫歯の再感染もほとんどありません。

さらに、ドックベストは虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれます。つまり、ただ虫歯が治るだけではなく、再発を予防してくれる大変優れたお薬なのです。

ちなみに、ドックスベストは、3mix法と違い、アレルギーの心配がなく、薬剤耐性菌をつくることもなく、作用が弱くなることもありません!

ではなぜ、「全ての歯医者さんがこの薬を使わないのか?」という疑問が生まれると思います。

理由は、大きく二つあります。
@日本の保険治療ではまだ認可されておらず、保険が効かない(自費診療による)
A適応症やお薬の詰め方が難しく、特殊なトレーニングや熟練のテクニック・経験が必要。

歯を削らないことは、痛くないだけでなく、歯の寿命を延ばします。
どれだけ高い入れ歯や詰め物、被せ物も自分の歯には勝てません。
しっかり噛めることは、内臓を守り、全身の健康にもかかわります。

谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、このドックスベストセメント法を導入しておりますので、虫歯でお困り・お悩みの方は、是非、大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へご来院下さい。

歯周内科は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/歯周内科治療対応の歯科医院


歯周病について
歯周病歯周病とは、細菌の出す毒素によって歯を支える骨が解けてしまう病気です。

歯を失う最大原因とも言える歯周病は、サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状が出にくく、症状が顕著に出る状態にまで放置してしまうと既に歯周病が進行した状態になってしまっています。

長い期間をかけて徐々に進行し最後には歯が抜けてしまいます。初期の頃は痛みも無く歯ぐきからの出血、口臭程度でほとんど自覚症状がありません。ある程度悪化してから噛めない、腫れている、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などで歯周病だと気づきます。

歯周病は、どのような病気かというと、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯の歯周病原菌となる特異な細菌が、 歯周ポケットの中で異常増殖すると歯肉がはれ、 歯槽骨の破壊を起こさせるのです。

もっとわかりやすく説明すると歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していくのです。

また、「歯周病は歯を失う最大原因」なのです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる恐い病気なのです。
歯周病に限りませんが、歯周病は悪化すると非常に恐い病気です。
歯周病の進行段階は、大きく分けて
「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」

という四段階に分けられます。
尚、歯周病は、最近では全身疾患との関係も明らかになってきており、まさに「歯周病は万病のもと」とも言えるでしょう。

菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確立は2〜3倍あります。他にも糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

また、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかってます。

歯周内科は大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/歯周内科治療対応の歯科医院


歯周内科治療について
位相差顕微鏡歯周病治療といえば昔から歯みがき指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でもされている基本的な治療です。しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯みがきしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

しかし、薬で治す方法がみつかったのです。原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになりました。

それが、「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

この治療法分野は、「歯周内科学」といい、お薬で歯周病を治してします治療の総称です。

現在の歯周病治療は外科的な処置が主流です。
しかし、それは歯科医師が特殊な技術を持ち、患者さんも歯磨きがうまくできるという厳しい条件下ではないと、良い結果が生まれないのです。

そこで、どんな条件下においても同じ方法で、簡単に良い結果が生まれる方法はないものかと研究した結果うまれたのが、薬で歯周病を治す歯周内科という治療法です。
歯周内科治療の4つの大きなポイント

(1)位相差顕微鏡での菌の確認

(2)最近の除去薬剤の内服

(3)カビの除去薬剤あるいは カビ取り歯みがき剤での歯みがき

(4)除菌後の歯石取り

特に(1)は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。 歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか、位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。
歯周内科用薬
顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。
患者さんのお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のよりわかりやすい説明を聞くことが可能です。

また、位相差顕微鏡では、カンジダアルビカンス(カビ菌)、スピロヘータ(歯周病)、口腔トリコモナス(原虫)、歯肉アメーバ(原虫)などの菌を確認することができます。大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、この位相差顕微鏡を使用し、患者の皆様にわかりやすく歯周病についてご説明をさせて頂いておりますので、歯周病でお悩みの方は、是非、谷町四丁目駅からも近くの大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科にお越し下さい。


無料カウンセリング実施中!

大阪市中央区天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科/無痛治療・インプラント・ホワイトニングなど

ネット診療予約

天満橋・谷町四丁目 ホワイトニング

天満橋・谷町四丁目 セラミック治療

天満橋・谷町四丁目 マウスピース矯正インビザライン

天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)
大阪天満橋Y&Y歯科(大阪市中央区)

  • 治療費のご案内
  • 無痛治療
  • 歯周内科治療
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • 往診・訪問診療
  • ブライダルデンタルメニュー
sp