親知らず抜歯など口腔外科のことは大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へ/谷町四丁目からもすぐ

  • トップページ
  • リンク
ネット診療予約
親知らず抜歯(口腔外科)
トップページ > 診療科目案内 > 親知らず抜歯
口腔外科について
大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、親知らずの抜歯をはじめ、口腔外科治療に対応している歯科医院です。当院には、口腔外科専門医も在籍しておりますので、難しい親知らずの抜歯などをはじめ、口腔外科全般の治療に対応しております。

当院で親知らず抜歯は、口腔外科において最もご相談を頂く内容ですが、口腔外科では親知らずの抜歯だけでなく、「歯根端切除」や「粘液嚢胞の治療」、そして「顎関節症」の治療なども該当します。
当院ではいずれの治療においても対応しておりますので、口腔外科に関してもお気軽にご相談下さい。
※大学附属病院等への紹介などなくなく、当院で実施しております。

こちらでは、口腔外科治療の中でも特に当院へのご来院が多い「親知らずの抜歯」ついての内容を掲載しておりますので、是非、ご参考下さい。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科は親知らず抜歯など口腔外科対応の歯科医院です


親知らずについて
歯列図親知らずに対して、悪いイメージをお持ちの方が多いですが、全くそうではないです。

右の図のように1番〜7番の歯が上下綺麗に揃っている健康な歯があれば、親知らずは、生活をしていく上で特別必要な歯ではないことは事実です。

本来、人間の歯は上下ともに16本あります。一般的に親知らずと言われる歯は、歯科用語では「8番」と言い、前から8番目の一番奥の歯が親知らずに該当します。

そして、この親知らずは、全ての人が上下合わせて4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合が多く、4人に1人の割合でまったく生えてこない人もいます。

つまり、親知らずがある方は、生えていない方より1本多くの歯を得ている事になります。

もし、この親知らずが正常に生えており、口腔環境に悪影響を及ぼしていない親知らずであれば、抜歯はしない方が良いです。

親知らずを利用するイメージ理由は、親知らずも立派な歯なので、手前の大臼歯を失った時に代用歯として移植が可能な場合に利用したり、入れ歯やブリッジの支台として有効に使えるからです。端的にお伝えするなら、「何かあった際に使えるかもしれない歯」であるということです。

ただし、親知らず自体に問題がない正常な歯であることが大前提であり、斜めに生えているケースや痛みの原因となっている場合などの親知らずは抜歯すべきです。

親知らずが、悪影響を及ぼす要因の一つは、アジア、欧米、ヨーロッパ系の現代人の顎が小さく、親知らずが生えるための十分なスペースがない為、親知らずが生えてくる場合に横や斜めなどに傾いて生えてきたりする場合が多く、結果、歯ブラシが入りにくく、虫歯や歯肉炎になりやすくなってしまうのです。

また、お口の中の衛生状態を悪くしたり、手前の歯に悪影響を及ぼす親知らずは抜歯すべきです。例えば、親知らずから入り込んだ菌によって炎症が起こったり、重度の肩こりなどの身体的な影響で親知らずが浮くような感じが生まれ、前の歯に痛みを及ぼしたりするケースなども抜歯すべきケースです。

親知らずの状況によって、抜歯するべきかどうかをお考え頂ければと思います。
次に、実際に、抜歯すべき親知らずのレントゲンを掲載しておりますので、ご参考下さい。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科は親知らず抜歯など口腔外科対応の歯科医院です

親知らず抜歯について
親知らず症例1:下顎左右両方に親知らずがあるケース
親知らず症例
下顎の左右両方に親知らずが生えているケースです。
まっすぐ上に生えておらず、斜め及び横向きに生えてしまっている為、歯ブラシなどが届きにくく、お口の中の衛生状態を悪くしてしまう可能性が高いため、このようなケースは、抜歯をする方が良い親知らずと言えます。

また、噛み合わせもあっていない為、体に良くない状態のかみ合わせでもあります。

右のレントゲン写真は、横向きに生えている親知らずです。親知らずが横向きに生えていることによって、手前の歯と親知らずが密接している箇所が黒ずんでいるのを確認頂けると思います。この部分が虫歯になっています。このようなケースの親知らずは抜歯するべきです。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科では、必要に応じてCTレントゲンで事前に親知らずの方向を確認し、抜歯を行います。親知らずで、お困りの方は、ご来院の上、お気軽にご相談ください。


親知らず症例2:左の上下に親知らずがあるケース
親知らず症例この症例は、右には親知らずははえておらず、左にのみ上下に親知らずが生えていた症例です。

こちらの症例もどちらも斜めに親知らずが生えており、上顎の親知らずは完全に7番の歯を押しており、健康な歯に悪影響を与えています。

また、下顎においても、親知らずの押す力の関係で、7番6番の歯がまっすぐ上に生えることができなかった関係か、5番に対して寄りかかっているように見えます。

もちろん、上下ともに宜しくない状態の親知らずの為、噛み合わせにおいても良くないことがこのレントゲンからご理解頂けると思います。



親知らず症例3:右の下顎に親知らずがあるケース
親知らず症例この症例は、右の下顎にのみ親知らずが生えている症例です。

こちらの症例も横向きに生えている親知らずです。親知らずが横向きに生えていることによって、手前の歯と親知らずが密接している箇所から虫歯になっていくことが多いです。このような場所に歯ブラシなどが届きずらく、ホームケアもしにくいためです。

本症例は、親知らずはこの1本だけで、尚且つ他の歯は綺麗に並んでおり、噛み合わせも良い状態だったため、この親知らずを抜歯すれば、健康な口腔環境を得られる症例でした。


上記のようなケースなどで、「親知らず」でお困りの方は、大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科へご来院の上、お気軽にご相談ください。

必要に応じてCTレントゲンで事前に親知らずの方向を確認し、抜歯を行いますので、安心してご来院ください。

大阪市中央区の歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科は親知らず抜歯など口腔外科対応の歯科医院です


無料カウンセリング実施中!

大阪市中央区天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)大阪天満橋Y&Y歯科/無痛治療・インプラント・ホワイトニングなど

ネット診療予約

天満橋・谷町四丁目 ホワイトニング

天満橋・谷町四丁目 セラミック治療

天満橋・谷町四丁目 マウスピース矯正インビザライン

天満橋・谷町四丁目 小児矯正歯科

天満橋駅すぐの歯科医院(歯医者)
大阪天満橋Y&Y歯科(大阪市中央区)

  • PayPay対応
  • 治療費のご案内
  • 無痛治療
  • 歯周内科治療
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • デンタルエステ
  • アンチエイジング
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • 親知らず抜歯・口腔外科
  • 往診・訪問診療
  • ブライダルデンタルメニュー
sp